ぼくのとっておきのイタリアン 祇園 キメラ

京都のイタリアンの雄 究極の完璧主義の筒井シェフの一部の隙もないこだわり。
今回も圧巻でした!

夜の京都は、また一段と風情があります。
リストランテ キメラは、八坂神社の隣にたたずむ町屋風の建物。

IMG_2748
IMG_2756
IMG_2743

石畳の通路を通って入店すると。。。

IMG_2779

一階は、面積の半分くらいがウェイティングスペースという贅沢な空間の取り方!

IMG_1269

2種類のイクラを鏤めた大きな角切りトラ河豚のマリ
蕪のピューレと柚子の香りと共に

夕方に届いたばかりの新鮮なトラフグが、今まで味わった事のないブリブリの食感!

噛むごとにフグの旨味が口の中に広がります!
またイクラとマスの玉子の二つの魚卵の旨味塩気、甘い蕪のピューレのソースが良く絡んでホントに美味しかったです!

IMG_0612b

オマール海老の軽いグリルとヴァプール
アクセントに芽キャベツのジェラートでひんやり

フランスブルターニュ産のまったく臭みのないオマール海老。
臭みのない新鮮な食材だから、必要以上に仕事をしない!という食材への自信を感じる一皿です。

オマールは、中心がほんのり温かくほんのり生っぽい絶妙な火入れ。

頭の部分はグリルで焼き上げて、香ばしさをアップ。
一番おいしい味噌の部分を食べやすい様にしてくれています。

爪、腹の部分は、蒸してしっとり感を楽しめる様な調理。

海老の甘味が更に楽しめる様に、プチベールやロマネスクなど甘味もあるけど、苦味のある野菜で箸休め。

またお皿の中央の芽キャベツのジェラートの冷たさで温度差も楽しめる料理になっています。

IMG_0618b

フランス産白アスパラと凝縮牡蠣、ズィベッロ村産最高級クラテッロ
温度玉子とパルミジャーノクレマ

『白アスパラを見ると春の訪れを感じる』って洋食の人間は言います。

そんな春を感じる一皿。

白アスパラ、生ハム、温度玉子、パルミジャーノ。
この時期の定番の組み合わせをキメラ流にアレンジ。
シンプルな料理だけに、それぞれの素材を最高のモノを用意する。
また普通ならばカリカリベーコンで食感のバランスを取る所をカリカリの牡蠣で魚介の旨味をプラスするところがやはり斬新ですよね?

IMG_0629b

木箱ごと豪快に焼き上げたウニと
鳥取県産紅ズワイ蟹のタリアッテレ

キメラはプレゼン上手なんです。
パスタが出てくる前に、おもむろに木箱まるごとひと箱焼いた香ばしいウニをサービススタッフさんが持ってきてくださいました。

「このウニひと箱だけで、なんぼするの?」
って下世話な事を考えながら、期待感がドンドン膨らみますw

IMG_0631

そこで、どんだけ蟹?w
ってくらいのふんだんにカニを盛り込んだパスタが出されます。
IMG_0634b
そして。。。
「お好きなだけウニをのせてお召し上がりください。」
とサービススタッフさん。

お好きなだけウニをのせれる夢のパスタいただきました!

IMG_0636b

冬トリュフを散らした塩漬け猪の柔らか煮込みとカルドンチェッロのガルガネッリ

ウニのお次は、『冬トリュフ』。
写真ではわかりにくいですが、ホントの大きくて立派で、香り高いトリュフをパスタが来るまで、楽しませてくれました。

IMG_0641b

そしてパスタが大きなチーズのお皿で運ばれてきました。そのチーズのお皿の中で、サービススタッフさんが最後のパスタの仕上げをして、提供してくださいます。

IMG_0643b

塩漬けして旨味の増したイノシシをトロトロに煮込んでいます。美味しいに決まっています!

またフレッシュのイタリア プーリア州特産 高級キノコ カルドンチェッロ茸は、香り・食感・味ともにイタリアの茸の王様『ポルチーニ茸』に負けない存在感。

トリュフ・チーズ・カルドンチェッロと香りのオンパレードでした!

ひとつひとつ、丁寧に巻き上げたガルガネッリもモチモチで美味しかったです。

IMG_0644b

亀岡産雌牛サーロインの低温ローストとフォアグラ
其れ其れ調理した冬野菜

「このお肉トロけるぅ~!」ってよく言いますよね?
まさしくこのお肉がそれですw

そのトロけるお肉に更にトロける食感の『フォアグラのテリーヌ』。
大きさは小さいですが、存在感はさすがです。

付け合わせのお野菜は、もちろんお野菜ごとに美味しくなる様に調理されていました。

ソースはさっぱり目の赤ワインソース。
それぞれソース無しでも美味しく食べれる塩味でしたので、味を変化させる為のソースですね~

IMG_0648b

何層にも重なった数種の柑橘類の大人のパフェ

柑橘類のゼリーとチョコレートムース、更にベリーのソース。
その上に金柑のコンポートに他に数種の柑橘類。

甘いながらもさっぱりさせてくれるデザートでした。

IMG_0653b

ドーナツ状のフィナンシェ、揚げラビオリ、ベリーのマシュマロ

お茶菓子の三種盛りです。
これだけで十分デザートとして成立するクオリティーですよね?w

正直フィナンシェは、食感が嫌いで苦手なんですが、このフィナンシェはホントにしっとりで美味しく作られていました!さすがです!

IMG_0657b

他に食事の進行具合に合わせてパンも三種類、それぞれ個性を出して提供してくださっていたのですが、余りに美味しくて写真を撮るのを忘れていました。。。

すいません。

ナカナカお高くて気軽に足を運べるお店ではありませんが、必ず驚きと感動を与えてくれるお店ですので、また伺いたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 富田林の寺内町でゆったり古民家イタリアン オアジ

    富田林の寺内町でゆったり古民家イタリアン オアジ

  2. お楽しみ前菜盛り合わせ

    大阪の俺の通うコスパNo,1イタリアン ノガラッツァ

  3. 箕面駅3分 イタリアン 5+ (チンクエピュウ)

    箕面駅3分 イタリアン 5+ (チンクエピュウ)

  4. 野菜たっぷりのオルトラーナ

    南海 金剛駅から1分! パスタ専門店 奥田パスタ

  5. 秋刀魚とフレッシュトマトのオレキエッテイ

    箕面の隠れ家イタリアン クービ ディ レーニョ

  6. 大和ポークの炭火焼

    ノガラッツァさんの2200円ランチ

  7. 牛ネックと豚バラのボリートミスト

    月に一度、絶対に通うぼくにとっての贅沢ランチ

  8. 東梅田のお初天神通りから1分!お魚と白ワインのイタリアン アレグロペッシェ

  9. 靭公園の老舗ピッツァ サンタルチア

    「ピザ焼いてフェラーリ買ったよw」サンタルチア

当社のビジネス感

  1. 太刀魚と奈良菜?のアーリオ オーリオ エ ぺペロンチーノ
  2. ちょっと変わったドゥエフィオーリさんの試食会とは?
  3. リピーターは、いつまでもリピーターではないんですよ?
  4. 明けましておめでとうございます!

人気記事

  1. 富田林の寺内町でゆったり古民家イタリアン オアジ
  2. 秋刀魚とフレッシュトマトのオレキエッテイ
  3. 箕面駅3分 イタリアン 5+ (チンクエピュウ)
  4. ラーメンにテリーヌ? 大阪 天六 馬鹿坊(ばかぼん)
  5. 天橋立
  6. 黒鮑とアワビ茸の2時間コンフィ
  7. オレ梅田ランチNo,1!ガッツリお安いスタ丼!
  8. まんがでわかる 7つの習慣
PAGE TOP